Lowepro History

1967年、グレッグ・ロウによりロッキー山脈の麓にあるコロラドの町にある彼の小さなガレージでロープロは始まりました。

登山家であり写真家、映画監督の顔も持つ革新者グレッグは、登山の危険にさらされているカメラとシネマグラフィー機材を守ることを目的にしたフレーム内臓式バッグパックとクッションパッド一体型軽量ナイロンケースを開発しました。

これらのアイデアとソリューションは貴重で価値ある機材をどこへでも携帯できるようにすることを目的として生まれたものです。そして今日、独創的な製品作りはこのブランドの特徴となりました。

ロープロが受け継いでいる伝統を誇りに思うと共に、保護性と革新的な機能性を兼ね揃えた製品開発に取り組む伝統を守り、進めていきたいと考えています。

グレッグの始めた物語はまだまだ続いて行くのです。


もっとロープロについて知りたいという方は「デザインの伝統」「テクノロジーの開発」をご覧下さい。